profile

最新記事

recent comment

recent trackback

ブログの記事を検索する

おすすめリンク集

携帯サイトはこちら

qrcode

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

                 

点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月17日 危険の予測及び回避

この中にどんな危険が潜んでいますか?
3つ想定して答えて下さい!
  1.この車両は右折をしようとしています。
  2.先行車も右折しようとしています。
  3.歩道の手前には歩行者がいます。
では答えを見てみましょう!
 
正解は・・・
右折しようとしていた先行車が停止し
その車両に追突をしてしまったです。
この映像も私のセミナーで危険予知トレーニングとして
よく使用する映像です。
まず、私たちが忘れてはいけない基本
それは
   先行車と自分が見えているものが違う
                    という事です。
運転者は自分の見た情報から判断します。
しかし
  自分が見えている情報がすべてではない
                    という事です。
この事故の場合も
先行車は対向車が接近してきた為
停止をしました。
この運転者は対向車が見えていなかった為
先行車はスムーズに右折をすると思い込んだのです。
このような事故を回避する為には
  極端に車間距離を空けて右折を開始する
  先行車が右折を終えてから右折をする
          このような事が必要となります。
皆さんも簡単に先行車に追走しないでください。
ではご安全に!

JUGEMテーマ:ドライブ


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月20日 朝のリズムが悪いときは?

昨日のblogで
朝、バタバタ感が
事故の元と書かせて頂きました。
では
    どうしてもバタバタして出発した時
        どのような対処をしたら良いのでしょか?
私はリズムを根本的に決めてしまうのは
呼吸のリズムだと思います
  呼吸のリズムは
      歩くリズムを決めてしまい
           そのリズムは
 
                 車の運転にも影響すると思います。
私のような人前で話をさせて頂く仕事なら
話すリズムにも呼吸が影響すると思います。
だから
朝からリズムが悪いな
こう感じる時
私は深呼吸をしてリズムを整えます。
運転をしていて
リズムの悪さを感じた時
ぜひ、
  車を停止させ
   深呼吸を
     数回行って下さい。
ちなみに
私が行っている深呼吸は
   5秒かけて吸い
   3秒を息を止めて
   8秒かけて吐く
これを10回ほど行っています。
ではご安全に!

JUGEMテーマ:仕事とは


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月19日 朝のリズムを大事に

よく焦ると事故を起こすと言います
私の解釈は
    焦る=リズムが狂う
                         こう思っています。
実は数年前まで
私はミスが非常に多く
本当に自分でも嫌になるほどでした
例えば・・・
   
   忘れ物が極端に多い・・・
   電車を乗り間違える・・・
ファイスブックで繋がっている方は
私のイメージはこんな感じではないでしょうか?
ところが最近、こんなミスが激減しました。
 (と言ってもたまにヤラカシマス・・・)
      何をしているのか?
それは
      朝起きて出発するまでの時間を
           極端に長くして
              毎日行うルーチンを決めただけです。
人間はリズムが非常に大事だと思います。
そのリズムは
        起床した時から出発するまでに決まる
                       そしてそのリズムは夜まで続く
こんな仮設を立て実行して1年半
見事にミスが激減したのです。
皆さんも、一度試してみて下さい!
朝、バタバタ出発する事を止めると
ミスや事故は亡くなりますよ!
なぜ、こんな記事をUpしたかというと・・・
実は昨日、久しぶりの寝坊
そして、30分でバタバタ出発・・・
見事・・・セミナーで話をするリズムも悪く
挙句の果てに羽田空港で携帯電話を忘れる始末・・・
朝のバタバタ感が事故の元
ますます確信に変わった日でした。
では、朝にそんな時間の余裕がない方
そんな方は
 出発前5分だけで良いので
   
  目閉じて
   落ち着いて
    1日の自分の動きを
 
     イメージしていて下さい
この5分の時間で
リズムをリセットできる気がします。
では、ご安全!

 

 

JUGEMテーマ:仕事とは


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月18日 徐行すべき場所

昨日のblogの危険予測の中で

住宅地で子供と接触してしまう事例を見て頂きました。

 

よくあのような映像を見て研修を行うと

その対策として必ず出てくるのが

 

   徐行をしましょう

 

こんな対策です

 

では皆さんは徐行すべき場所が

道路交通法上、どのように定められているか?

覚えていますか?

 

 

答えはこちら

 

 

  1. 1.「徐行」の道路標識等があるところ。
  2. 2.左右の見通しが利かない交差点に入ろ
  3.   うとするとき。
  4. 3.交差点内で左右の見通しが利かない部
  5.   分を通行しようとするとき
  6. 4.道路の曲がり角付近。
  7. 5.上り坂の頂上付近。
  8. 6.勾配の急な下り坂。

 

もちろん、交差点においては

信号機で青の場合は除外です。

 

このような場所で

万が一、徐行を怠り事故を起こした場合

運転者の過失が大きくなります。

 

徐行すべき場所

 

しっかり意識して運転してください!

 

 

ではご安全に!

 

 

 


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月17日 危険の予測及び回避

この中にどんな危険が潜んでいますか?

 

3つ考えて下さい!

 

 

 

    この車両は直進しようとしています。

 

    先行車も直進しようとしています。

 

    対向車は停車中です。

 

 

 

 

 

          では答えです!

 

 

 

 

 

 

 

 

この事故は、住宅地を走行中に対向車の死角から子供が

飛び出して、この後、はねてしまいました。

 

このように子供は危険感受性が低く、住宅地の飛び出し

には細心の注意が必要です。

 

また、以前、blogにも書きましたが、小学1年生

突出して、このような事故の被害に遭っているそうです。

しかも、この時期が多いという事です。

 

住宅地を走行する時、特に登下校の時間帯は、このよう

な事故には注意が必要です。

 

死角が多く、はっきり確認できない場合は最低でも

をして、必要であれば、停止するようにして下さい。

 

ではご安全に!

 

 

 

JUGEMテーマ:ドライブ

 


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月16日 シートベルト装着の目的は?

5月14日に神戸市内でこんな事故が発生しました。
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180514/4692401.html
14日午後、神戸市の市道で、タクシーと大型のトレーラーが正面
衝突し、タクシーの40代の男性客が死亡し、双方の運転手もけが
をして病院で手当てを受けています。警察は状況からタクシーが対
向車線にはみ出したとみて調べています。
14日午後3時前、神戸市中央区小野浜町の市道で、客1人を乗せ
たタクシーと、大型トレーラーが正面衝突しました。警察によりま
すと、この事故でタクシーは大破し、後部座席に座っていた40代
の男性客が、頭を強く打って死亡しました。
また、タクシーを運転していた80歳くらいの男性とトレーラーを
運転していた44歳の男性がけがをして、病院で手当てをうけてい
ます。2人とも搬送時に意識はあったということです。
警察によりますと現場は、センターラインで仕切られた片側1車線
ずつの坂道で、神戸港付近を走る摩耶大橋につながる緩やかなカー
ブになっています。
警察は、現場の状況からタクシーがセンターラインから対向車線に
はみ出して、トレーラーと衝突したとみて調べています。
対向車車線にはみ出した原因はわかりません。
ただ、後部に乗車していた乗客は亡くなりました。
この報道では
シートベルトを着用していたのか?
定かではありませんが・・・
たぶんされていなかったように思います。
私のセミナーで
シートベルトを着用していない運転者が
事故後に車外に飛び出す映像があります。
シートベルトは
  何のために着用するのでしょうか?
  警察に検挙されないため?
            こんな考えは捨てて下さい。
タクシー・バス運転者の方
   ぜひ、乗客の命を守るため
     に着用を強く勧めて下さい
トラック運転者の方
シートベルトを着用しない、またはク
リップで緩めた.。これが原因で居眠り
などで死亡した事例はたくさんあります。
どうか自分の命を守るため
      に正しく着用してください。
全ての運転者の方へ
今、後部座席の方が死亡率が高い
  というデータを警視庁は出しています。
皆さんのご家族を大事だと思うなら
ぜひ、後ろに乗せる時も
    シートベルトを着用させて下さい。
   
一般道だからさせない方は多いと思います。 
ただし、この事故も一般道で発生しています。
また、皆さんがタクシーなど後部に乗車される時
自分の命を守るため
     
  面倒でも
    シートベルトを着用してください。
ではご安全に!

点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月15日 左折のポイント その2

昨日は道路交通法上

左折時は左に寄せるという話をしました。

 

道路交通法上では

左折時に行う事でまだ重要なポイントがあります。

 

それは

     速度 

     

         です。

 

左折時の速度は法令上

 

    徐行

      する事を定められています。

 

徐行とは一般的に時速15km以下と言われていますが

事故映像を見ていると

20km前後で進入している映像が多く見られます。

 

自分では速度を落としているつもりで

意外と落ちないのが速度です。

 

普段の運転の中で

自分がどのぐらいの速度で進入しているか?

一度確認してみて下さい。

 

時速15km以下とは

思っている以上に遅く感じると思います。

 

また

   横断歩道上に歩行者がいないと

         徐行する必要なないでしょ?

 

こんな質問をされる事がたまにあります。

 

残念ながら・・・

 

   事故を起こす運転者はそこに歩行者がいると思っていません

 

   だから事故を起こしてしまうのです。

 

ではご安全に!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ドライブ


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月14日 危険の予測及び回避

今日も社団法人日本事故防止推進機構の教材から

こんな問題です。

 

 

 

 

 

この中にどんな危険が潜んでいますか?

 

危険個所を3つ答えて下さい。

 

 

 

 

 

では答えを見てみましょう!

 

 

 

 

この事故はトラックが左折をしようとして

後方から接近したバイクを巻き込んだ映像です。

 

一歩間違えば

横断歩道上の歩行者を巻き込んだ事故でした。

 

 

左折で大事な事は

左折する前にしっかりと左に寄せる事です。

 

それが出来ていないと

このような事故が発生し

車両側に過失が大きくついてしまいます。

 

左折をする時は後方の確認をしっかり行い

バイクが入ればいよう

十分、左に寄せてから行うようにして下さい。

 

ではご安全に!

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ドライブ

 


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月13日 日常点検は出庫前に!

11日にこんなニュースがありました。

 

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3366084.html

 

大型タイヤがトラックから落下

 

人を巻き込んでいたら怖い事故ですね

 

 

私がセミナーで使っているこの映像

 

対向車線にトラックが走行

 

 

次の瞬間

 

 

その陰からタイヤが飛んできました。

幸いこの映像は事故にはなっていませんが・・・

これも一歩間違えたら大事故でした。

 

さて、運転者は日常点検をする義務が

道路運送車両法で定められています。

 

そこには・・・

 

   一日一回、その運行の開始前において

 

            点検をしなければならない

   

こう定められています。

 

という事は

点検は入庫後にしても意味がないという事です。

 

点検をしないまま運行をして

万が一、タイヤが飛ぶような事故が発生すれば

運転者に責任は重大になります。

 

必ず運行前に点検を済ませて出庫するようにして下さい!

 

 

ではご安全に!

 

 


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月12日 雨の日はここに注意!

こんな記事を見つけました

http://www.sankeibiz.jp/business/news/180510/prl1805101213090-n1.htm

 

 

今年は梅雨入りが早くなる予測も出ていますが

その前にワイパーの交換は必須ですね。

 

ところで雨の日に事故が多い

これはよく言われている事です

 

 

では、雨の降り始め雨あがり

どちらが事故が多いのでしょうか?

 

これは統計を取っている訳ではありませんが

私がドライブレコーダーの事故映像見て思うのは

 

断然、雨上がりが多いという事です

 

考えてみれば

雨の降り始めは運転者は危ないという意識があり

運転が若干でも慎重になると思います

 

しかし雨上がりはどうでしょうか?

 

   フロントガラスに雨が当たらなくなり

 

       運転者は慎重さが欠けてしまいます。

 

さらに路面はどうでしょうか?

 

   雨の日の状態と全く同じ路面が濡れた状態です

 

   その上、慎重さが薄くなる・・・

 

これが一番危険だと思います。

 

 

雨の日は特に雨上がりにご注意を!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ドライブ

 

 

 

 


| 1/96PAGES | >>