profile

最新記事

recent comment

recent trackback

ブログの記事を検索する

おすすめリンク集

携帯サイトはこちら

qrcode

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

                 

タクシー会社の皆様 稼働率の計算方法合っていますか?

突然ですが
皆さん、稼働率の計算方法
合っていますか?

今更、何を?と思われるかもしれませんが
去年の監査対策のセミナーの中から
よく取り上げている話題です。

たとえば


  隔日勤務者が今日出勤した場合

  8時に出庫して翌朝5時に入庫したとします。

  この場合

  稼働率は次のうち、どちらで計算されていますか?


      〆Fは稼動  明日は休車 
   
             よってこの2日の稼動率50

     ◆〆Fは稼動  明日も稼動 
 
             よってこの2日の稼働率100
  


     答えは・・・

           △裡隠娃悪佑任后


これは意外と知られていないと思いますが
国土交通省の資料では
このように記述しております。



   事業用自動車が稼動したかどうかは1日単位で判断する。

   このため、1日のうち短時間のみ稼動し

   その後は稼動しなかった場合も1日車と算定することとなる。



この記述通りに計算すると
上記の場合、夜中の0時を過ぎると
稼動したものとしてカウントする事になります。


  このカウントをする

    メリット・デメリットは色々とあります。

     もし、ご興味がある方はお問い合わせ下さい。


  また、今まで当然のように運用していた事が

       実は規則とは違っていたなど
   
           結構、多いと思います。


  このBlogでは

     そんな話題も触れていこうと思います。

     





模擬監査 @ 東京

今日は朝から東京でした。

今週は今日、明日と
模擬監査を行っています。


模擬監査が終わると
経営者の方と少し話をしました。

その中で
とても考えてしまう言葉がありました。


   『今まで経営では自信があったけど

       最近の監査については自信がない。』


タクシー業界では
本当に運輸監査が厳しくなっています。

これは異常とも言える状況ですが
それだけ自由化に伴い
一部悪質な事業者が増えたからなのです。

今日の会社は
本当に運行管理という面では
非常にしっかりと行われていますが

こんなしっかりした会社でも
監査に対応した経営が行われていないと
厳しく処分されてしまうのです。

監査では徹底的な書類主義です。

これは書類でしか判断できないので
仕方がないことです。

しかしながら
実態とこの書類が伴っているのか?

私は最近、非常に疑問を持ってしまいます。



  書類上では完璧でも
  
      運行管理がしっかり出来ていない会社

  書類上では不完全でも
  
      運行管理が完璧な会社


今後この両社が
しっかり判断できるような監査が行われ

しっかりした運行管理が出来ている会社が生き残る

こんな監査が行われることを望みます。


タクシーゼミナール @ 福岡 終了

今日は福岡にいます。

午前中、顧問契約の商談で久留米に
無事、今月から顧問契約が始まります。

そして午後からは・・・

去年10月から始めた

  『オリジンタクシーゼミナール』の最終回です。

メールの受講者の方と

  『何か寂しいですね・・・』

なんて事をやり取りしておりましたが

いざ最終日を迎えると
さらに寂しく感じてきました。

そして最終日は

    『労務管理について』

今、タクシー業界では

    最低賃金問題

    深夜・残業の不払い問題

など、労務管理には問題が多いのです。

今回、最終日は
この問題について講義を行いました。

やはり関心が高いのか
今までになく質問も多く
なかなか充実した2時間となりました。

そして、とうとう2時間が経ち
全6回のゼミナールは終了

思い起こせば
福岡という土地で
10月に始めたときは
1社も顔なじみの会社がありませんでした。

1回目のゼミが終了した時も
反応がよく分からず
不安な気持ちのまま2回、3回と続きました。

ですが

中には頻繁にメールを頂けたり

また最後には

   『テキストを読んで感動しました。』

こんな有難い言葉まで頂けました。

   本当に皆さん

      有難うございました!

お陰様で4月22日には
福岡で三井住友海上様と共同開催セミナーを行います。

今後、このセミナーも
全国各地でどんどん開催していきたいと思います。


最後に
会場の提供をして頂いた
三井住友海上火災 福岡支店様


      本当に有難うございました!





模擬監査 @ 横浜

今日は久しぶりに
模擬監査にやって来ました。

羽田空港に伊丹発の飛行機で到着
システムオリジン社のO氏が
迎えに来て着てくれました。


そして、いざ  横浜 へ・・・


と思いつつ
気付くとタクシー会社の車庫に・・・

はい・・・約40分間爆睡しておりました。

しかも、飛行機で首が痛たかったので
上を向いたまま熟睡
(たぶん、口を大きく開けてかなり見苦しい顔だったと・・・)


さて今日の会社では
あることを強く伝えました。

それは

     点呼の重要性


ご存知のとおり
運輸業では点呼が義務付けられております。

この点呼とは
車で一旦会社を出てしまうと
なかなか管理が出来ないため
特に運輸業では重要とされています。

しかし
最近はその点呼
軽視されている会社が多い気がします。

これは
   
    点呼を行っているから
         
           大丈夫という問題ではなく

        気持ち
 
             の問題なのです。

心もこもった点呼をされているのか?

こんな事の最近よく考えてしまいます。

心のこもった点呼
すべてのリスク回避に繋がると思います。

実は自分は運行管理者時代
この心のこもった点呼が出来ていなかった。

こんな反省があるのです。


残念ながら
私はもう一度
心のこもった点呼を行うことが出来ません。

今、自分で出来ることは

   その反省を現役の方に伝えること

今後もこの点呼の重要性
伝え続けたいと思います。


明日は福岡でオリジンゼミナールです。

分からないまま始めたゼミも
とうとう最終回です。

訳もわからない私にゼミ賛同して頂いた

この感謝の気持ち
しっかり伝えて最終回を終えたいと思います。



労務相談

最近、タクシー会社からの相談で

労務管理に関する相談が多くなってきました。

労務管理と運行管理は
切り離せないものですが

この労務相談が多くなって理由には

  昨年10月から始まった
  タクシー新法に基づく
  国土交通省の指導の強化

  最近、従業員からの訴訟が多くなり
  労務リスクが増加したこと

このような事が拍車を掛けているように思います。

ただ、以前にもBlogにUpしましたが

もうひとつ

     タクシー会社を正常に運営しよう


こんな経営方針に変えていく会社が
どんどん増えている事も大きな要因です。

今日も午前中、午後と
労働基準局に対する対策の相談です。

午前中の会社様は
今日、初めてお会いしましたが
本当に労使が一体となって乗り切ろう

こんな姿勢がにじみ出ていました。

私に相談を頂く企業様は
このような経営陣の方が多く

自分の経験の中で
少しで御役に立ちたい
こう思う方ばかりです。

本当に良いお客様に恵まれている

そんな想いを再認識した1日でした。

それにしても


    社会保険労務士


年始に挑戦すると言いましたが
1年でも早く取得したいものです。

また、社会保険労務士の方
タクシー・運輸業に興味がある方は
ぜひ、ご一報ください。


勉強になりました

今日はあるクライアント様で
事故防止の会議に参加

この会社では
事故防止の会議を定例で行っています。


今日のテーマは
事故防止ではなく
事故処理について。


実は・・・

私は事故処理という経験が
ほとんどない状態。

今日の会議も
この会社のベテラン運行管理者が
主体となって進めていきました。

改めて思いますが
経験というものは本当に貴重なものです。

経験基づく話は
やはり説得力があり
スムーズに頭に入ってきます。

それと今日の発見はこれだけではありません。

最近、話をする機会は多くなりましたが
聞き手になる機会は少なくなりました。


聞き手になってみると
自分の話し方はどうだろうか?

こんな事を考えながら聞いてしまいます。

    
    人にものを伝える


本当に難しいものですね。

昨日のセミナーも
自分の想いを十分伝えられたのか?

少し考え直してみました


本当に今日は良い勉強になりました。

今日も有難うございます!
(これは高柳社長の決まり文句でしたね)


監査強化週間終了

ここ2週間
模擬監査を行った法人数

なんと  14社

先週は毎日が監査をするという

本当に強化週間でした。

クライアント様には
それなりに喜んで頂けたと思いますが
実際に監査の時
少しでもお役に立てれば幸いです。

ここ2週間行った感想は

    やはり 

             書類の不備の多さ  です。


これは日ごろの管理をしっかり行えば
簡単に解決する事ばかりです。

ぜひ、実行して改善して頂きたいものです。


さて、この間
毎日のように改善報告書やレポートを書いておりました。

私の性格上
すぐに貯めてしまいがちなのですが
さすがにこれだけ貯めてしまうと
記憶が戻らないと思いますので
その日のうちに仕上げるよう
努力しました。


本当に社会人として
初歩的なことですが
子供の頃から
これだけはなかなか改善できませんでした。

しかしながら
監査時に書類の不備も

実のところ

   この後回しにしてしまう悪しき習慣


                これが原因の1つです。


   思った時にやってしまう

今更ですが
今年はこの事を意識してみたいと思います。


さて来週は大きなセミナーが
東京と北海道で2回あります。

今年初セミナー
気合を入れて望みたいと思います。


大寒

今日は朝一番の飛行機で

青森に向かいました。

 

ご覧のとおり

空港もこんな感じです。

Image104.jpg


 

 

目的のタクシー会社までの

道中もこんな感じです。

 Image105.jpg

 

さて今日は青森のタクシー会社で模擬監査でした。

 

いきなりですが・・・

この苗字、皆さん読めますか?

 

 

上見さん

喜来さん

三戸さん

我満さん

對馬さん

都甲さん

 
            答えは続きを見て下さい。

 

これはこの会社の乗務員の方の名前

漢字が弱いせいか・・・

全く読めませんでした。

 

地域によって色々な名前がありますね。

 

今日は暦の上では

一番寒いという大寒

  

のはずが・・・

青森は雪景色のわりには

寒くなく、本当に幸運でした。
しかも明日からまた寒くなるとか・・・


そういえば
青森で驚いたことがもう1つ

これ、除雪用のブルドーザーですが
この会社に3台あるらしいです。
これも青森では当たり前の話らしいです。

人生初の青森
驚きに連続でした。

Image108.jpg


異常気象

今日、朝からこんなメール。


           『雪は大丈夫?』


???

雪って、福岡で大雪なんて・・・

確かに昨日の夜は雪が少し降っていましたが・・・

と急いで用意をしてホテルを出た途端



これです。

Image087.jpg


さすがに驚いてしまいました。

しかも、ただの雪ではなく
まさに吹雪でした。

そのメールに

          『少しは降ってたけど』

と返信して

本当に福岡にいるのか?
と疑われても仕方がないほどの吹雪。



さて、タクシー会社の皆さん

こんな時は運行状況も気になるところです。

突然ですが
このような異常気象措置
運行管理規程に明記していますか?


監査では必ずチェックされますよ。

一度、見直して下さい。


さて
実は明日は・・・

                  仙台


今日、現地の方からこんなメールが・・・


『この冬一番の寒さになりますからお気をつけてください。』


明日は無事に監査できるのでしょうか?

監査強化週間!?

タイトル通り

今週は・・・

       監査週間

                 です。

というよりも
ここ一週間で7日間
タクシー事業者様で模擬監査を行う予定です。

今日、明日は福岡
木曜日から、仙台、東京、名古屋
今日を含めて
5日間、監査が続きます。


最近、タクシー会社を取り巻く環境は
非常に厳しいのです。

売上が伸び悩んでいる状況の中

行政からの監査が厳しく行われ
車両停止や免許の取り消しにまで及んでいます。

ただ、この監査も
やるべき事をしっかり行っていれば
何も怖くありまん。

ここ最近監査を行ったクライアント様でも
数百日という車両停止処分(あくまでも模擬ですが・・・)
を出しておりますが

決してこれは大きな処分でがなく
実は監査の大半が・・・

   簡単な対策で防ぐ事が出来るのです。

またこの監査対策も
このBlogで少しづつUpしてみたいと思います。


| 1/1PAGES |