profile

最新記事

recent comment

recent trackback

ブログの記事を検索する

おすすめリンク集

携帯サイトはこちら

qrcode

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

                 

点呼で使える  安全運転ネタ 2018年6月1日  トラックやタクシーの社会的存在意義

ブラジルでトラック運転者のストが
5月の下旬から発生しました。
その影響は様々で
ブラジル国内は混乱しているようです。
物流が止まると
とんでもない事態になる事は
このストを見ててわかると思います。
私たちは
日ごろ、何気に過ごして
  当たり前のように存在する
   物の価値を実感できていない気がします。
私自身、それを実感した出来事がありました。
それは
   阪神淡路大震災
             です。
幼いころ
祖母がよく私にこんな事を言っていました。
  戦争の時は物がなくて困った
 
  だから食べ物は残すな
      物は大事にしなさい
それを言われた私は
心の中で
戦争なんて起こらないし・・・
こんな気持ちでその言葉を聞いていました。
ところが
あの地震の時
お金はあっても物が買えない
2日間で口にした物はちくわ1本
祖母はこれを言ってたんだ
自分がバカだった事を実感しました。
でもまだ実感していなかったのです。
私たちが食べれなかったのは
正確に言うと
   地震により
     物流が止まった事
このストを見て
こんな事を改めて実感しました
今日の日経新聞でも
このストの影響で
ブラジル産鶏肉が高騰し
コーヒーや砂糖にも・・・
こう書かれていました。
1つの国の物流が
地球の裏側の私たちにまで
影響を及ぼすかもしれません。
私は独立する時
何か社会貢献をしたい
こんな思いで
この仕事を選びました。
皆さんもこんな経験ないですか?
 タクシーに乗ったお陰で
 大事な商談に間に合った
 電車の発車時刻に間に合った
 物流があるお陰で
 コンビニに物が並び
 ネットで購入した物が翌日届く
タクシーやトラック、バスの運転者だけでなく
全ての仕事は社会貢献になるという事だと思います。
ただ、特に私が関わる事業用自動車の運転者の方
皆さんの業務が
 どれだけ社会貢献をし
 どれだけ社会的重大な
      影響を及ぼすのか?
このニュースを見て
もう一度、実感して欲しいです
ではご安全に!

この記事のトラックバックURL
トラックバック