profile

最新記事

recent comment

recent trackback

ブログの記事を検索する

おすすめリンク集

携帯サイトはこちら

qrcode

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

                 

点呼で使える  安全運転ネタ 2018年6月29日 危険の予測及び回避

 この中にどんな危険が潜んでいますか?

 

     3つ想定して下さい

 

 

1.この車両は右折をしようとしています。

 

2.右前方には歩行者がいます。

 

3.この交差点は一時停止義務はありません。

 

 

 

   では答えを見てみましょう!

 

 

 

この事故は住宅地での右折の際
歩行者と接触をした事故です。
この事故は非常に不思議な事故です。
被害者の歩行者はこの交差点手前から
ずっと確認する事ができます。
なぜ接触してしまうのでしょうか?
これは運転者の心理的要因が原因だと言える事故
通常、このよう交差点では
左右の確認をしっかり行うのが当然です
しかし、この事故の場合動画では
左側から車両が進入しようとしている
             のが確認できます。
運転者は
  車両との事故に
     気を付けなければならない
こんな思いが強くなると
その危険だと思う部分への意識がどんどん大きくなり
この事故のように
その反対側(歩行者)の危険意識が頭から飛ぶのです。
事故を起こす運転者は
  そこが危ないという意識が
      ある時に事故を起こしません
  危なくないと思っているから
             起こすのです。
このような住宅地では
自分が危険だと思えば思うほど
その逆側の危険を意識するべきなのです。
また、ここは一時停止義務がありません
しかしながら、住宅地の交差点では
一時停止義務の有無に関わらず
一時停止を行うぐらいの気持ちで進入して下さい。
ではご安全に!

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック