profile

最新記事

recent comment

recent trackback

ブログの記事を検索する

おすすめリンク集

携帯サイトはこちら

qrcode

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

                 

他人ごとではありません!

昨日は静岡県トラック協会様にて講演
その帰り名古屋にて
顧問先のご相談があり途中下車
名古屋と言えばここ
毎回、寄ってしまいます
  
ところで
また、博多で大きな事故が起きてしまいました。
しかも高齢者の事故です。
今、高齢者の事故が
何かとマスコミでクローズアップされています。
特にアクセルとブレーキを踏み間違えて暴走など・・・
ただ、このような報道を見る度に思う事
それは
このアクセルとブレーキを踏み間違える事故
     高齢者に特化している事故ではない
    
               という事です。
このような事故を見て
私たちの世代の人間はこう思うのです。
また、高齢者がやったのか・・・
そう思った瞬間
このような事故は高齢者でない
自分には関係ない事故と捉え
自分の運転行動パターンを変えていかないのです。
実は交通事故防止で怖いはこれ
いわゆる、「他人ごと」として捉えることです。
事実、私がいたタクシー会社でも
アクセルとブレーキを踏み間違えた事故はありました。
(もちろん、死亡も怪我もありませんでした)
ただし。その当事者は50代でした。
また、クライアント様でも
同じような事故がありましたが
この事故は19歳の運転者でした。
このような事故を
自分はしないと他人事として捉えている運転者こそ
実は怖いのかもしれません
踏み間違えるという選択肢がないと
ブレーキを踏んで加速した瞬間
一種のパニック状態に陥り
さらにブレーキと思い込みアクセルを踏むようです。
皆さんも今回の事故
決して、他人事と捉えず
自分ごととして普段の運転に生かして下さい。
誰でも
アクセルとブレーキを踏み間違える要素は持っています。

人間はイレギュラーに弱いもの

昨日はこちらでセミナーでした
講師業を15年させて頂き
昨日、初めて、大失態をしてしまいました。
午前中、広島の運送会社様での打ち合わせを終え
新幹線に乗ってセミナー資料を最終確認をしようとしたところ・・・
PCが鞄にない事に気付き大慌て
朝、事務所を出る時に
予定以上に早くタクシーが着てしまい
慌てて出てしまった時に忘れて来たのです。
   人間は本当に
                 イレギュラーに弱い
改めて実感しました。
幸いにも予備のPCを持ち歩き
常に同期しているので
セミナー資料は手元にありましたし
セミナーを行う事は出来ました。
しかし
こんな時に限って
会場入りしてプロジェクターにPCをつなぐと
接続が上手くいかない・・・
結局、応急処置をとったまま
セミナーが始まってしまう事になりました。
いつもと違う環境で話すと
正直、リズムが無茶苦茶です
前半が終わり休憩中に修復したので
後半はいつものペースで話せましたが・・・
年間400回以上もセミナーを行ってもこの有様
人間は本当にイレギュラーに弱く
エラーを簡単してしまうのです
いくらベテランでも例外ではありません
これは車の運転でも同じこと
急な配車変更や事故渋滞など・・・
イレギュラーだらけの中
運転者は業務を行っています。
本当にエラーを起こしやすい状況の中
よく事故もなく運行をしているなと感心します。
だから会社や管理者は
そのイレギュラーを自らの社員に作ってはいけないのです。
急な配車変更は付きものですが
なるべく現場の運転者が慌てないように
早めの指示を行うなど対策を打つべきだと思います。
また運転の中でもイレギュラーは発生します
例えば
   先行車の急な進路変更
 
   生活道路の中でも子供の急な飛び出し
これもイレギュラー
このイレギュラーが発生した時
事故に遭わない保険をかけておくべきです。
速度を抑えたり
車間距離の確保
これは、このイレギュラーに対する保険です。
自動車を購入すると
当然、保険に加入すると思います。
速度を抑えたり、車間距離の確保も
保険として当然かけるべきなのです。
私は万が一の為
PCを2台持ち歩く保険をかけていました。
15年間、この保険を使ったのは昨日が初めてです。
プロは15年間でのたった1回のミスでも評価を下げ
お客様に迷惑をかけ
仕事を無くしてしまいます。
運転者も同じ
いくら長年安全運転を行っていてゴールド免許でも
大津の事故のようなたった1回のミスで
人を殺してしまうような事態になります。
さらに殺人運転をしたという
評価(判決も)も受けてしまうのです。
常に安全運転という保険をかけて
業務を行って下さい。

道交法を守るとは自分を守ること

今日は三島で運送会社様の管理者向けのセミナー
夕方からは浜松にて運送会社様の運転者向けのセミナー
浜松のセミナーでは
道路交通法の再認識を行いましたが・・・
やはりプロの方でも
勘違いをしている法律が多く
1つ1つ訂正をしていきました。
道交法えを守らないとどうなるのか?
  単純の過失が上がり
    無罪から有罪になりやすく・・・
       実刑判決が出やすくなる
要は運転者が一番損をしてしまうのです
   道交法を守る 
       = 運転者を守る
少しでも意識して頂けたらと思います。

実行あるのみ

昨日は福岡県トラック協会様主催のセミナーにて

講師をさせて頂きました。

 

 

 

こんな広い会場だったので

非常に緊張した雰囲気で話をさせて頂きました。

 

ところで

 

運行管理者の皆さん

 

指導や研修を行う時の目的は何ですか?

 

理解させる事でしょうか?

 

私たちプロ講師は理解させる事がゴールではありません。

 

理解させるだけなら

ただ説明すればいいのです。

 

指導や研修は理解させる事は当たり前です。

 

理解して納得して

最後は行動して頂く事が目的なのです。

 

 

昨日の受講者の方が

今日から少しでも実行に移して頂けたら

私の目的は達成された事になります。

 

ぜひ、社内で研修する時は

これを意識して話をしてみて下さい!

 

 

 


サイドブレーキの重要性

今日は名古屋にて
運送会社の管理者様向けの研修
2時間半しっかりと話をさせて頂きました。
その研修が終わった移動中
こんな記事を見つけました.
停車中のトラックが動き出す
 
      挟まれた83歳男性死亡 群馬
意外と多いこのような事故
ついサイドブレーキを忘れてしまう事が原因
多くの事故が死亡事故までは至っていませんが
事実、このような事故で
毎年、亡くなっている方がいるもの事実
再度、運転する方にサイドブレーキのリスクを伝えて欲しいものです。

園児の列の車 2人死亡  運転者としてやるべき事とは?

滋賀県でまた大きな事故が起きてしまいました。
事故の詳細を見ていくと
直進車が青信号で交差点に進入
そこに右折車が右折を開始してしまい接触
その勢いで歩道に乗り上げて園児を巻き込んだ事故
この事故は
報道が正しければ
右折車が過失が高い事故です。
ただし、過失の話とか
どちらが悪いとか?
そんな問題ではないと思います。
事実として
   罪のない2人の園児の命が失われた事
これが重要だと思います。
セミナーの中でも
よくこんな話をしています。
今回の事故は右折車の過失が高くても
直進車のできた事もあるはずです。
それは
   たとえ青信号でも
     アクセルを踏み込まないこと
青信号なので
アクセルを踏み込んで進入する事はあるかもしれません
しかし、踏み込んだ状態で接触した場合
アクセルからブレーキに踏み変えるまで最低0.2秒かかります。
もらい事故でも
この時間がカットできれば・・・
助かる命もあるかもしれません。
ぜひ、運転者の皆様
たとえ青信号でもアクセルオフで進入して下さい。
また、歩行者の皆様
今回の事故委はありませんが
 万が一ガードレールがあれば
  必ずガードレールの中で待機して下さい。
最後にお亡くなりになった方に
心からご冥福をお祈りいたします。

プロ意識の驚きです!

今日の午前中は茨城県で運転者研修
こちらの会社では
毎年、年明けのセミナーをさせて頂いておりましたが
昨年から健康診断の日も追加され
年2回のセミナーをさせて頂いております。
さて、このセミナー会場で
始まる前にある社員の方と雑談をしておりました
聞くところによると・・・
その社員さん
  毎運行、荷台の中のスプレー缶を置き
        それを倒さないように心がけているとか・・・
少しでも急ブレーキや急ハンドルがあれば
倒れるように設定して
荷物を下ろす度に確認しているとの事でした。
こんなプロ意識の高さは
自分になく自身のプロ意識の低さに
少し反省しました。
運転者の方で
こんな見えない努力をしている方は
本当にたくさんいると思います。
私はプロの研修講師ですが
プロドライバーに負けないように
少し自身の仕事に対する姿勢を考え直します。
S社の皆さん
いつも本当にありがとうございます

睡眠の質向上

今日は午後から金沢
夕方からは千葉
研修時間  1時間半
総移動時間 約7時間
こんな1日でした。
以前は移動となると
睡眠タイムだったのですが
今の移動は読書や仕事タイム
そうなんです。
全く眠くならないのです。
これは3年前から取り組んでいる
睡眠の質の向上が効果を出しているのだと思います。
睡眠の質の向上
一番大事ににしている事は
               食事時間  です。
3年前から寝る3時間前からは
水以外は飲みません
以前は寝る直前まで
スナック菓子を食べ続けていましたが・・・
昼間に強い眠気を感じる方
ぜひ、睡眠の質を改善してみてはどうですか?

研修の目的を明確に

昨日は神奈川県トラック協会様にて講演

 

2012年4月29日に発生した

関越道のバス事故をきっかけに

運送業界からお声がけ頂くようになり

神奈川県トラック協会様では

それ以来、講師をさせて頂いております。

 

今年はその初めてやらせて頂いた講演内容を

ブラッシュアップして話をさせて頂きました。

 

たまにこんな質問をされます。

 

  研修に使っているような格好がいい資料

  

          どうやって作ってますか?

 

皆さんが社内で研修する目的は何ですか?

 

良い研修をする事ですか?

 

理解させる事ですか?

 

いずれもNOです。

 

研修の目的は

 

     相手の行動を変える事

 

だから私たちプロ講師は

見やすい資料を作ったり

聞きやすい話し方をしたり

理解をして頂けるような話をしたり

 

それは当たり前のこと

 

それはゴールのための手段です。

 

昨日のセミナーで

今日、受講者の方が何か行動をして

私のゴールは達成されます。

 

もちろん、その行動から

事故が無くなる事が最終ゴールですが・・・

 

昨日の受講者の皆さん

ぜひ、昨日のあの話

点呼でしてみて下さい!

 

 

 

 


ドラレコ映像の強み

昨日から三島にて

運送会社様での管理者講座がスタート

 

この企業様は今年で4年目に突入

 

毎年、毎年、管理者の方のレベルが上がり

 

今回の講座でも

そのレベルの高さに改めて驚きました。

 

 

私は講座を行う講師です。

 

運転者の方に直接、研修をさせて頂く事もあれば

 

このように管理者を通じて

自分の想いを伝えて頂く事もあります。

 

他人から伝えて頂く事は

非常に難しく

いつも苦戦します。

 

ただし、私が幸運なのは

ドラレコ動画の存在

 

映像は、ありのままをそのまま伝える事ができます。

 

よって伝える側の技量の影響を比較的受けません。

 

今回の講座でも

その内容を映像教材として提供

 

そして、管理者が学んで頂いた事を

その映像教材をもって伝える

 

こんな流れで浸透させていきます。

 

T社の皆さん

今年も1年よろしくお願い致します。

 

特にTさん

頑張りましょう!

 

 

 

 


| 1/105PAGES | >>