profile

最新記事

recent comment

recent trackback

ブログの記事を検索する

おすすめリンク集

携帯サイトはこちら

qrcode

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

                 

点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月11日 ニュースを自分事に!

先日、日経新聞にこんな記事が掲載されていました
この事故はよく高齢者の事故だと言われています
しかし、私の顧問先では
10代の方がアクセルとブレーキを踏み間違えて
コンビニエンスストアに突っ込む事故がありました
また、私がいたタクシー会社でも
50代の乗務員が同じような事故をしました
この事故は高齢者特融の事故ではないという事です
   自分がアクセルとブレーキを
        踏み間違える可能性があると思いますか?
ほとんどの方がない
中には絶対にない
こう思っていると思います
ただ、そう強く思っている人が
ブレーキを踏んだ時車が加速するという
逆の動きをさえれたらどう思うのか?
   自分はアクセルとブレーキを踏み間違えるはずがない
              
              ↓
       
       だからブレーキを踏んでいるはず
              
              ↓
 
       だからさらにブレーキを踏み込む
    (実際はブレーキを踏んでいる)
という思考なのです
このような事故を見て
自分には関係ない他人事と捉えている人
私はその人が一番危険なのだと思います。
そういう思いが
自分がブレーキを踏み間違えて事実を
受け入れられないのだと思います
このような事故をニュースで見た時
自分でもしてしまうかも
こう自分事で捉えるようにして下さい
ではご安全に!

JUGEMテーマ:ドライブ


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月10日 睡眠の質を上げる

よく睡眠不足に気を付けましょう

 

こう言われますが

人間は単純に睡眠時間を確保すればいい

こんな単純な話ではありません。

 

たしかにデータ上は

6時間以下の睡眠の場合

ヒヤリ・ハット経験が増加すると言われています

 

しかし睡眠時間よりも大事な事は

 

   睡眠の質

 

           なのです。

 

特に睡眠に関しては

寝始めから3時間勝負だと言われています。

 

その3時間の睡眠のを上げる

 

最大のポイントは・・・

 

 

    真っ暗の状態で寝ること

 

              だそうです。

 

部屋の電気をつけたまま

知らないうちに寝てしまった

 

こんな経験は皆さんある思います

 

これは一番やってはいけないこと

 

どうせ同じ時間寝るのであれば

ぜひ、その睡眠の質を上げていきましょう!

 

 

    電気を消して寝る

 

          これを徹底してください。

 

 

ではご安全に!

 

 

 

 

 


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月10日 睡眠の質を上げる

よく睡眠不足に気を付けましょう

 

こう言われますが

人間は単純に睡眠時間を確保すればいい

こんな単純な話ではありません。

 

たしかにデータ上は

6時間以下の睡眠の場合

ヒヤリ・ハット経験が増加すると言われています

 

しかし睡眠時間よりも大事な事は

 

   睡眠の質

 

           なのです。

 

特に睡眠に関しては

寝始めから3時間勝負だと言われています。

 

その3時間の睡眠のを上げる

 

最大のポイントは・・・

 

 

    真っ暗の状態で寝ること

 

              だそうです。

 

部屋の電気をつけたまま

知らないうちに寝てしまった

 

こんな経験は皆さんある思います

 

これは一番やってはいけないこと

 

どうせ同じ時間寝るのであれば

ぜひ、その睡眠の質を上げていきましょう!

 

 

    電気を消して寝る

 

          これを徹底してください。

 

 

ではご安全に!

 

 

 

 

 


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月10日 睡眠の質を上げる

よく睡眠不足に気を付けましょう

 

こう言われますが

人間は単純に睡眠時間を確保すればいい

こんな単純な話ではありません。

 

たしかにデータ上は

6時間以下の睡眠の場合

ヒヤリ・ハット経験が増加すると言われています

 

しかし睡眠時間よりも大事な事は

 

   睡眠の質

 

           なのです。

 

特に睡眠に関しては

寝始めから3時間勝負だと言われています。

 

その3時間の睡眠のを上げる

 

最大のポイントは・・・

 

 

    真っ暗の状態で寝ること

 

              だそうです。

 

部屋の電気をつけたまま

知らないうちに寝てしまった

 

こんな経験は皆さんある思います

 

これは一番やってはいけないこと

 

どうせ同じ時間寝るのであれば

ぜひ、その睡眠の質を上げていきましょう!

 

 

    電気を消して寝る

 

          これを徹底してください。

 

 

ではご安全に!

 

 

 

 

 


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月9日 ヘッドライトは早めのハイビームで!

おもいやりライト運動

 

http://www.omoiyari-light.com/

 

 

ご存知ですか?

 

 

  交通事故が一番多い時間帯は、夕方の16時〜18時と
  言われています。夕焼けで美しく輝く時間帯は、
  ドライバーにとって歩行者が見えづらく、
  歩行者にとってクルマの接近に気づけない、そんな時間帯なのです。
  「おもいやりライト運動」は、この夕暮れ時のヘッドライト早期点灯を
  ドライバーに呼びかけて交通事故を削減する運動です。

                            サイトより

 

こんな運動がある事を初めて知りました。

 

皆さんもライトは早めに点灯しましょう!

 

そのヘッドライト

ご存知の方も多いと思いますが

 

車両法上では

 

   ロービームはすれ違い用前照灯

   ハイビームは走行用前照灯

 

よって、周囲の車両がいない時は

早めのハイビーム走行を徹底してください!

 

 

ではご安全に!

 

                           


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月8日 危険予知トレーニング

今日も一般社団法人日本事故防止推進機構(JAPPA)の教材から
危険予知トレーニングを静止画でご紹介します。

まず、この中にどんな危険が潜んでいますか?



この車両は信号待ちをしていて信号が青に変わったところを
発進しようとしています。
右側の道路から自転車が合流しようとしています。






答えは・・・




右側から子供が乗った自転車が2台
このトラックの前に出て来ました。

このように子供は危険感受性が低く
危険な行動をしてしまいます。
普段、この状況では右から自転車が出てくる事を
予測することは非常に困難だと思います。

警視庁の統計では
小学1年生が突出して
事故に巻き込まれているそうです。

しかも子供が巻き込まれる事故は
この5月が多いそうです。

子供の動きは予測する事が非常に困難です。

子供を見たら細心の注意を払って運転してください。

ではご安全に!


JUGEMテーマ:ドライブ


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月7日 車線変更のルール覚えていますか?

皆さん、車線変更のルールですが

 

 

 

  交差点の手前何m以内は

 

      禁止されているか?

 

           

                 覚えていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは

 

 

  そんなルールは存在していません

 

 

 

実は日本の道路では

車線変更禁止場所などありません。

唯一禁止されているのは

黄色の実線がひかれた場所だけです。

 

よって交差点手前が白の実線であれば

車線変更は禁止されていないのです。

 

皆さんの記憶の中に30mとありませんでしたか?

 

 

 

ではなぜそう記憶しているのか?

 

 

これは、追い越し禁止場所のルールです。

 

ちなみに追い越し禁止場所はこちら

 

  

  一 道路のまがりかど附近、上り坂の頂上附近又は勾配の

    急な下り坂

  二 トンネル(車両通行帯の設けられた道路以外の道路の

    部分に限る。)

  三 交差点(当該車両が第三十六条第二項に規定する優先

    道路を通行している場合における当該優先道路にある

    交差点を除く。)、踏切、横断歩道又は自転車横断帯

    及びこれらの手前の側端から前に三十メートル

    内の部分

 

このように道路交通法を

勝手な解釈をしている場合が多く

このblogでも取り上げていきたいと思います。

 

 

ではご安全に!

 

 

 


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月6日 高速道路ではこの場面に注意!

今日でゴールデンウィークが終わります。

 

このblogでは高速道路の事故について

ゴールデンウィーク中取り上げてきました。

 

高速道路上ではやはり一番多いのは

渋滞中の車列に追突する事故だと思いますが

これはま違う機会に取り上げます

 

僕はドライブレコーダーの映像を見ていて

特に気になるのはこんな映像

 

 

この状況から無理やり車線変更

 

 

そして出口から降りていきました

 

 

これは私が理事長をさせて頂いている

一般社団法人日本事故防止推進機構(JAPPA)の会員向け教材の映像

 

このように出口付近では

急に停止したり

このように急に車線変更をしてきたり

 

特に普段知らない道だと

このような状況になる可能性も上がります。

 

高速道路での走行中

周囲に車両が存在している時は

特に出口付近に注意をして下さい。

 

私はセミナーで

高速道路上の事故防止を取り上げる時

特にこのような映像を使って話をします。

 

皆さんも出口付近では特に運転に集中してください。

 

 

ではご安全に!

 


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月5日 高速道路上での故障時の対応

昨日はPA・SAの事故の話をさせて頂きましたが
高速道路上でも歩行者をはねる事故が発生しています。
それは
   事故や故障などで
     
    停止した運転者が跳ねられるケース
                      です。
2013年、芸能人の桜塚やっくんが亡くなったのも
事故後の車外に出た事が原因でした。
ここ数年、車外で亡くなった事故を見ていると
故障車の前に立っているいところを追突された
こんなケースの事故もありました。
まず、故障や事故で停止してしまった場合
当たり前ですが、その車両の前に立つ事は厳禁です。
どうしても停止しないといけない状況になれば
  1. ハザードランプを点灯させてハンドルを左にきって停止
  2. 後方(車両から100mぐらい)に発煙筒を設置 
    
      ※発煙筒は5分ほどしか持続しませんので設置する直前につけて下さい。
  3. 三角停止表示板を車両の後方に設置
      ※高速道路上では設置義務ガあります。
  4. 車外に出てガードレールの外に避難する
      ※停止車両に追突すると車両が炎上する可能性があり危険です。
私はドライブレコーダーの映像で
事故防止のコンサルティングをしていますが
クライアント様でこんな映像がありました。
この写真2台が高速道路上で停車
前の車両で運転者が本線ではみ出しタイヤ交換をしている映像
この撮影したトラック運転者は
手前で違和感を感じて車線変更で回避したという映像でした。
たまたま後続車が気付いたので
大惨事にはならなかったのですが
このような危険な行為は避けて下さい。
ではご安全に!

JUGEMテーマ:ドライブ


点呼で使える  安全運転ネタ 2018年5月4日 高速道路上の意外な事故

ゴールデンウィークの事故は

過去の統計から見ると

約10日間で1万件前後発生しています。

中でも死亡事故の平均は

過去5年間で110件

これはお盆の時期よりも多い結果だそうです。

 

そんなゴールディンウィークの事故

 

悲惨な事故は

高速道路上で起こっているイメージが

非常に強いのですが・・・

 

そんな高速道路の事故で

意外と多いのが・・・

 

   SAやPAエリア内の事故

 

過去5年間の平均は年間89件

 

特にゴールデンウィークの時期は

小さなお子さんがSAやPA内にいる事が多く

駐車車両の死角からの飛び出しには

十分な注意が必要だと思います。

 

 

またSAやPAエリア内の事故は

公道ではないと勘違いして

示談で済ますケースも多いそうです。

 

ということは・・・

年間89件以上発生してる事は間違ない

 

PAやSAでの事故は

高速道路上と扱われるため

必ず警察に届け出をするようにして下さい。

 

あとから相手が警察に届け出した場合

最悪、ひき逃げ扱いとなってしまいます。

 

PAやSAエリア内も

気を抜かず運転するようにして下さい。

 

 

では今日もご安全に!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ドライブ


<< | 2/96PAGES | >>