profile

最新記事

recent comment

recent trackback

ブログの記事を検索する

おすすめリンク集

携帯サイトはこちら

qrcode

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

                 

強烈なイメージを

先週は一週間で5回
セミナーで講師をさせて頂きました。

運送会社の方や
一般企業の方
また、社会保険労務士の方まで
たくさんの方に話をお聴き頂きました。


その受講者の方から
こんなコメントを頂きました。



   ありがとうございました

     今まで体験した事の無いセミナーでした。



このコメントを頂いてのは
大阪府トラック協会のセミナーでお聴き下さった方

BlogにもUpしましたが
このセミナー30分という
とても短いセミナーでした。

このセミナーで意識したのは


    強烈なイメージを持って頂くこと

強いイメージは
無意識行動に強く影響します。

短い時間でも
強いイメージを持って頂ければ
交通事故防止に
とても有効なセミナーになるを考えました。

そして

  30分という時間でも

     中身が良ければいいセミナーができる

こう確信できたセミナーとなりました。



さて、明日からは

茨城 → 長野 → 東京 → 埼玉 → 三重 

そして札幌と続きます。

中には大事なセミナーもあります。

最近、少し疲れ気味ですので
しっかり体調を整えて望みたいと思います。

みなさんもまだまだ暑い日が続きますので
体調管理にはお気を付け下さい。


    交通事故防止コンサルタント  上西一美

ミス前提で対策を!

今日は都内に戻り


WebKIT全国実務担当者研修会で

講師をさせて頂きました。



今日のテーマは

   『ドライブレコーダーの映像で見る

         事故の原因とその指導方法』



約3時間のセミナーをさせて頂きました。

正直、3時間は長いかなぁと思いましたが・・・

最終的には全く時間が足りないという結末でした。


さて、今回のセミナーでは
何度か聴いて頂いている方と
初めての方が混じったセミナー

絶対に聴いて頂きたい話もあれば
その話は何度も聞いた方もいるし・・・

正直、一番、やりにくい状況でのセミナーでした。

しかしながら、基本的に私の為に
全国から交通費まで使って来て頂いた皆様に
少しでも何かを持って帰って頂きたい
新しい気付きを提供したいという思いの中

何とかその両方を満たすセミナーに出来た気がします。



そんなセミナーの中

実は・・・私は大きなミスをしていました!

私のセミナーは基本的に映像中心のセミナー

今はデーターをクラウドサービスを使っているのですが・・・



上手くサーバーに同期が出来ていなかったようで・・・

肝心の映像がパソコンに保存されていなかったのです!

しかも、気が付いたのは
研修会が始まり
私の出番が来る30分前

私は大きなセミナーでは
パソコンを2台用意して
万全の体制で望むのですが・・・

映像がないのは初めてでした・・・

それでも
ポータブルのハードディスクを持ち歩いているので
その30分で何とか映像を集め
編集を行いました。


    人間はミスをする生き物


このミスが起きた時に
致命的にならないようにする事が大事

車の運転も同じで
ミスをする事の前提で
事故にならない運転をする事が大事ではないでしょうか?

何とか致命傷もなく
無事セミナーが終わりました。

この研修会は
次回は京都でも行います。

今日のミスを生かして
次回はもっと完成度の高いセミナーを行いたいと思います。


    交通事故防止コンサルタント  上西一美



 

今週の振り返り

今週は月曜日からセミナーが続きました。 

 社会保険労務士様向けのセミナーが3回 
 タクシー会社の青年会でのセミナーが1回

 テーマはすべて 
  
     労務管理

6月から大阪、東京、名古屋、福岡と 
合計6回の社会保険労務士様向けのセミナーで講師

緊張の中で始まったセミナーも 残り1回となりました。

今、大きな事故が起こったり
運輸業界では労務管理が必須です。 

さらにこの労務管理のプロである 
社会保険労務士の方の活躍なくしては 
解決できないと思います。 

このような形で 
少しでもきっかけ作りができ 
運輸業界でさらに活躍して頂ければ嬉しいですね。 

残り1回は1ヵ月後 
少し時間が空きますが 全力を尽くします!

        交通事故防止コンサルタント  上西一美

嬉しい言葉

金曜日、ある運送会社様で
管理職、乗務員様向けの研修会を行いました。

研修は2部構成で
1部は管理職様向け
2部は乗務員様向けの内容で

先日の広島でのセミナーの資料を使い
それぞれ1時間づつ話をさせて頂きました。

運送会社様でのセミナーは
特別緊張します。

なぜか?というと

   現場の経験が

     私にはないからです。


ただ・・・

先日の広島でのセミナーである方が
アンケートにこんな言葉を書いて下さりました。



  『タクシーの資料ですが・・・』と言う言葉を

               よくおっしゃいましたが
  
    大きさが違うだけで共通しており
 
                とても勉強になりました。
  
      ありがとうございました。



そうなんでね・・・

タクシー会社出身だということを
実は自分が一番気にしていたのです。

その気持ちがついついセミナー中に出てしまい
逆にタクシー会社出身だという事を強調していた気がします。



     大きさが違うだけ・・・
 

確かにそうです。

交通事故防止に車の大きさは関係ありません。


こんな言葉を頂いたお客様
本当にありがとうございました。

ただ、今後、運送会社様の勉強は続けていくつもりです。





求人広告事業について考えてみました。

タクシー会社で
管理者をやっていた時代

会社の改革したいと思い

思い切って乗務員の募集形態を
一気に方向転換した事がありました。

そのおかげで
私のいた会社では
たった70台の会社が
年間120名の入社を達成

その後台数を増加させていきました。

しかも、その入社のほとんどが


      タクシー未経験者
 

ちょうどその頃の私の仕事のやり甲斐は


  リストラされた新入社員の再生

               でした。


彼らは
面接の時に本当に元気がなかったです。

そんな彼らが

  タクシー乗務員として成長し

    そして

     仕事に情熱を持てるようになる


こんな事を見守るのが
私のやり甲斐となりました。

タクシー会社としての
社会貢献の1つだと胸を張って思えたからです。


そんな時期
本当にお世話になったのが
求人広告の営業の方でした。

その1人は
その後自分の部下となり
また数人、未だに連絡を取る事があります。
もう10年以上経っておりますが・・・


求人広告は
そんな転職で困っている方と
人材で困っている会社の橋渡し



   タクシー乗務員として

     第二の人生を歩き出した

      私たちが育てた乗務員


   その乗務員に助けれられた

      タクシー会社

   そして

     その中で
  
      人事と担当した私


私たちにとって
彼らの存在は本当に有難いものでした。
未だに感謝の気持ちいっぱいです。


  ぜひ、求人事業で働いておられる方にも

    こんな仕事をされている

     プライドとやり甲斐感じて欲しいものです。



動体視力の大事さ

3年ほど前から
事故防止セミナーで意識していたのが

     『動体視力』

                です。

そのきっかけになったのは
あるHPに載っていた事実でした。

それは

  人間、ある年齢を過ぎると

        動体視力が1/3になってしまうとか・・・

   その年齢は・・・

         55歳〜60歳

  そして

     タクシー会社の平均年齢は50代後半


まさにこの動体視力が落ちる年代なのです。

動体視力の低下でどんな物を見落とすのか?


  答えは簡単

    早くて小さいもの

  車の運転をしていると・・・

      バイクや自転車が

        まさにその早くて小さいもの


私のセミナーでは
ドライブレコーダーの映像を使い
この動体視力をご説明していますが
受講された方はよく
この事実を聞いて怖くなったと言われます。

今日もあるクライアント様で
60代の乗務員にその話をして
改めて動体視力の低下を訴えました。

   管理職の皆様

    ぜひ、乗務員に

       この事実を教えてあげて下さい。

   見えないという怖さを実感すると

        運転も必ず変化しますよ!

    

          交通事故防止コンサルタント   上西一美

仕事にプライドを

今日はあるタクシー会社青年会での
セミナーでした。

このセミナー
実は6月に行う予定でしたが
私の個人的な理由で
急遽、キャンセルしたセミナー。

参加予定のお客様には
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいで
今日は自分の持っているノウハウを
出来る限りお伝えしました。

テーマは

     運輸監査対策


約3時間のセミナーでは
質問も多かったのですが
今回のセミナーでは
より効果を高めたかったので
いくつかの工夫をしました。


その中の1つですが
今日の参加者は経営者だけではなく
現場に責任者の方にも参加して頂き
経営者と現場の管理者の方で
運輸監査について考えて頂きました。


  なぜ

     管理者に参加して頂いたのか?



理由は1つです。


  いくら経営者の方に対してセミナーを行っても

    実際に実行するのは現場の方

  その現場の方が一番苦労するので

     直接、その仕事の大事さを伝えたかったのです。


運行管理者は本当に手間な仕事が多く
ついモチベーションが下がってしまいがちです。

にも関わらず
その仕事はとても重要で
管理者本人は
自分は重要な仕事をしている事に
気付いていない事が多いのです。


  なぜ言い切れるか?



それは

  自分が管理者の時に気付いていなかったからです。


9年半の間
もっと仕事の重要性に気付いていれば・・・
こう後悔する事が本当に多く
今の管理者の方には
ぜひ、このような後悔をして欲しくないのと

運行管理者という仕事にプライドを持って欲しいのです。


今年は
運行管理者の養成に力を入れたいと思っていますが
まず、運行管理の仕事の重要性と
すばらしさを伝えていき


   運行管理者という仕事に

       プライドと遣り甲斐を持って頂きたいと思います。



 今日、お世話になったS社長

    本当にありがとうございます。


 また、全国に部会などを運営されている皆様

    監査対策で気になる方

      ぜひ、お問い合わせ下さい。


私の評価額は・・・

今日は2日目のセミナーでした。

昨日と同じように
約50名ほどの参加で
今日も2時間、真剣に聞いて頂きました。


そして

例の評価額の結果は・・・

   
   最高金額   1、830、000円

   最低金額      10,000円

   平均金額     148,000円



上下の差はかなりありますが
100万円以上の金額を付けて頂いた方が
2人もいらっしゃったのは驚きました。

金額の問題ではありませんが
これだけ評価して頂けたのは
本当に嬉しく思います。

いつも思いますが
交通安全のセミナーを
なかなか自発的に聞いて頂く方が少ない中
私のセミナーでは寝られる方もほとんどなく
このような評価までして頂けるのは
本当に幸せですね。

この評価に負けないよう
さらにレベルを上げて
事故防止に取り組んでいこうと思います。


さて、今日のアンケートの中で
こんな感想がありました。

この言葉
自分がいつも意識していることなので
本当に嬉しい言葉でした。

その言葉は

   社内の研修で

       外部のコンサルタント的な人を呼ぶ時
   正直

       『それが商売でしょ。
 
         言っている事は正論だが所詮理屈。

                       心に響かない』
 
   しかし、今回は本当にためになる講習でした。
   
          こういう講習をこれからもやって欲しい。




         心に響く


                 これ、いつも意識している事です。


  心に響かないと

    車の運転を変えることなんて出来ないからです。

  これからも

    心に響く言葉を伝えていきます。


  D社の皆様

        本当にありがとうございました。




私の評価額は???

今日から二日間
あるタクシー会社様で交通安全セミナーです。

約2時間のセミナーでは
乗務員の方が真剣に耳を傾けて頂いた様子が印象的でした。

また、今回のセミナーでは
新しい試みをしてみました。

その一つが

    アンケート   
               です。


講師にとってアンケートはとても重要ですが
今回のアンケートある工夫をしてあり
明日、その内容を見るのが非常に楽しみです。


しかし、楽しみはそれだけではありません。


セミナーが終わった後
部長からこんな発言がありました。

   『今日はセミナーの中で

     上西さんにいじられましたから

                仕返しをします。
  
    皆さん、アンケートの裏に

      もし、あなたが経営者なら

       今日のセミナー講師にいくら払うか?

                    書いてみて下さい。』


この仕事を始めて7年。

受講者の方に評価を頂くことはありましたが
それを金額で評価されるのは初めてです。


明日、今日の評価金額の結果をお聞きします。


もしかしたら
明日から講師料を見直さないといけないかもしれませんね・・・



  さぁ、私の評価額はいくらでしょか?

                 明日、発表致します。


右手?左手?

今日はあるタクシー会社で講習会でした。

今回の受講者は

              事故惹起者の方。

その事故の概要を見ていると・・・

お客様の降車時にドア開閉による事故が2件もありました。

これはタクシー特有の事故だと思いますが
改めて、その基本的な対処方法をご紹介致します。


色々あるのですが
基本的に後方不注意による事故です。

そこで、必ず、これは行ってください。

それは

         お客様の釣銭を右手で渡す

                                                  です。

今回の事故
車内映像を見ていると
やはり左手で釣銭を渡していました。

運行管理者やベテランの方はご存知ですよね?

知らない方は
想像してみてくださいね。

運転席から
左手で渡すのと
右手で渡すのはどう違いますか?


    左手で渡すと

        顔は前を向いたまま渡せます。

    右手では・・・

      そうですね。

        体をねじらないと渡せません。


    と言う事は

        後ろを嫌でも見ないといけません。


知らなかった方

      今日から、右手で渡しましょう!

<< | 2/12PAGES | >>